野球ブログ管理人のMMです。

本日はおすすめの野球漫画を紹介します。
「グラゼニ」と言う漫画です。

出展元:「グラゼニ」コミックス

漫画「グラゼニ」の感想とネタバレ

「グラゼニ」は、今までありそうでなかったプロ野球選手の裏側を描いてる漫画です。

グラゼニの由来は、「グラウンドには銭が埋まっている」という、

プロ野球でよく使われる言い回しの略だそうで す。

 

主人公の凡田の年棒は、1巻では高卒8年目で1,800万でしたが、

徐々に活躍し、今では年棒9,500万プラス、

オプション500万まで行きました。実質1億円ですね。

 

ここまでの道のりは、かなり苦労しましたが、

ここまで活躍すれば、プロ野球選手として、

成功したと言っても良いでしょうね。

 

凡田は、自分が特別な才能をもった投手でない事を高校生の時から分かってたので、

試行錯誤しながら、プロ野球で、

生き抜くにはどうすればいいかを考えてたからこそ、成功できたんでしょうね。

凡田の生き方は、プロ野球だけでなく、普通のサラリーマンの方も学べる部分が多いと思います。

 

自己分析をきちんとして、仕事をするのとしないのでは、

結果は、大きく変わりますからね。

「グラゼニ」では、野球の知識は、他の漫画ほど学べませんが、

人生において、大切な事を学べます。

 

後、「グラゼニ」では、プロ野球の良い部分だけでなく、

きつい部分も描いているので、

プロ野球ファンもこれからプロ野球選手を目指そうとしてる人も楽しめます。

漫画「グラゼニ」の名言

☆凡田「引退後の生活設計を考える本当に爽やかじゃないよね。でもそれがプロ!」

 

☆凡田「ヒットを打つ執念とでも言うかそれが強い奴は3回打席が回ってきたら汚いヒット1本を打つ」

 

☆凡田「引退後の収入なんて全くわからないわけだから 現役のうちに稼ぐだけ稼いでおいて

仮に数年間無収入となったとしても大丈夫なだけの貯えをしておかないと…」



MMMM

「グラゼニ」もたくさん名言ありますが、僕が一番好きなのは、「ヒットを打つ執念とでも言うかそれが強い奴は3回打席が回ってきたら汚いヒット1本を打つ」ですね。まさにプロですね。これが出来る人は、プロ野球でも生き残れるんだなと分かる名言です。

 

漫画「グラゼニ」を無料で読む方法

コミック.jpなら「グラゼニ」を無料で試し読みが出来ます。

コミック.jpなら、スマートフォンで読めるので、

 

通勤・通学電車の時間も楽しめます。

是非この機会に試してみて下さい。