野球ブログ管理人のMMです。今日は2019年のドラフト候補、

慶應大学の津留崎大成投手について書いて行きます。

結果2

出展元:https://www.youtube.com/watch?v=-GSzuGeRRq0

津留崎大成のプロフィール

名前    : 津留崎大成(つるさきたいせい)

生年月日  : 1997年10月10日

出身地   : 千葉県鎌ケ谷市

出身高校  : 慶應義塾

身長    : 177センチ

体重    : 78キロ

投打    : 右投げ右打ち

球速    : MAX148キロ

球種    : スライダー、カーブ

投球フォーム: スリークウォーター

中学・高校時代

津留崎投手は、小学生の時から野球を始め、
小学6年生の時に千葉ロッテジュニアに選出。
中学時代は、「佐倉シニア」に所属。

慶應義塾高校入学後は、
1 年生の時からベンチ入り、
2年生の夏の大会では、チーム内で存在感を出し始め、
打撃でも活躍。

2年秋以降は、主戦投手として、
秋、春いずれもチームのベスト8に貢献。

しかし、3年最後の夏の大会前に右肘靭帯の怪我の影響で、
投げれませんでした。
高校時代の動画↓↓↓

大学野球での実績

慶應大学入学後は、怪我の影響もあり、
2年春からリーグ戦デビュー。
2年秋には、先発としても活躍。

大学での通算成績は、
試合数6・1勝0敗・投球回19.2・防御率2.75
大学時代の動画↓↓↓

ドラフト何位か?

現状では、下位指名です。
まだ大学では、実績が少ないので、

中位や上位は、難しそうですね。
しかし、大学に入ってからは、
大きな怪我もありませんので、

後は、実績を作るだけですね。
大学の試合で、ストレートの最速更新してますし、
肘は、特に問題なさそうですね。

津留崎投手は、小学生の時からレベルの高い試合を
経験してると思うので、投手としての引き出しは、
多いと思いますので、今後も注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
それではまた!