野球ブログ管理人のMMです。今日は2018年のドラフト候補、

駒澤大学の長壱成選手について書いて行きます。

野球画像2

出展元:http://blog.livedoor.jp/niltukeiheikinn-yakyuu/arc…

長壱成のプロフィール

名前    : 長壱成(おさいっせい)

生年月日  : 1996年

出身地   : 和歌山県和歌山市

出身高校  : 智弁和歌山

身長    : 181センチ

体重    : 74キロ

投打    : 右投げ右打ち

守備    : 捕手

遠投    : 110m

中学・高校時代


長選手は小学生の時に野球を始め、
中学時代は、「和歌山興紀ボーイズ」に所属。

智弁和歌山高校に入学後は、
1年春からベンチ入り。夏の甲子園にもベンチ入り。
1年秋からは、正捕手になる。

2年秋から主将として、
チームを引っ張り、県大会優勝、近畿大会準優勝に貢献。
この時は、捕手ではなく外野手として試合に出てました。

そして、3年春の選抜では、
捕手として、甲子園デビュー。
3年夏の大会は、県大会準優勝。
智弁和歌山高校時代の動画↓↓↓

大学野球での実績

駒澤大学入学後は、1年春からリーグ戦に出場。
2年春以降は、主力選手として、活躍。

3年秋には、5季ぶりの1部リーグ復帰に貢献。
現在までの大学通算成績は、
53試合・打率.276・32安打・0本塁打・8打点。
長選手の動画↓↓↓

ドラフト何位か?

現時点では、下位指名です。
高校時代ほど大学では、活躍していないので、

上位指名や中位指名は、難しそうですね。しかし、
ドラフトまでに高校時代の様に打てるようになったら、
スカウトの評価は変わりそうですね。

捕手としては、リード、肩、キャッチング、
全てで、平均よりは上だと思うので、
打撃が良くなれば、面白い選手ですね。
今後の長選手に注目ですね。

長選手も高校時代から実践の経験値がかなり高い選手なので、
何かがきっかけで、成長しそうですね。
体も細身なので、伸びしろはありそうですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
それではまた!