野球ブログ管理人のMMです。今日は2018年のドラフト候補、

横浜の万波中正選手について書いて行きます。

 

野球好きな男(ドヤ顔)野球好きな男(ドヤ顔)

万波選手のポテンシャルは、間違いなくこの世代のトップクラスだな。

野球好き女子(ドヤ顔)野球好き女子(ドヤ顔)

間違いないわね。選抜で見られないのは、残念だけど、最後の夏の甲子園には、出場してもらいたいわね。

野球好きな男(自身満々)野球好きな男(自身満々)

そうだな!この世代の顔役の一人だからな。

野球画像2

出展元:http://iidadrums.com/3152.html

万波中正のプロフィール

名前    : 万波中正(まんなみちゅうせい)

生年月日  : 2000年4月7日

出身地   : 東京都

出身中学  : 開進二中学校

身長    : 190センチ

体重    : 92キロ

投打    : 右投げ右打ち

守備    : 外野手

遠投    : 105m

中学時代

万波選手は小学2年生から軟式野球を始め、
「ブルーフェニックス」に所属。
プロのジュニアチームには、

選出されてませんが、
この頃から、強打者の素質は開花され始めてました。

中学時代は、「東練馬シニア」に所属。
この頃は、投手を専門にやってました。

後、万波選手は陸上部にも所属していて、
砲丸投げで、全国大会にも出場してます。
身体能力の高さが分かりますね。

高校野球での実績

横浜高校入学後は、1年春からベンチ入り。
横浜高校では、主に外野手として活躍。

入学前から注目されていただけあって、
名門横浜高校で、1年生から活躍してますね。
まだ甲子園では、そこまで活躍出来てないので、

選抜は厳しいですが、3年生の最後の夏には、
甲子園に出て、オコエ選手の様に活躍してもらいたいです。

万波選手の動画↓↓↓

ドラフト何位か?

現状では、中位指名が妥当ですね。
しかし、甲子園で活躍してないにも関わらず、
現段階で、中位は凄いと思います。

後は、夏の甲子園に出場出来るかと、
守備力(走力)を上げる事ですね。
打撃に関しては、まだ荒い部分もありますが、

プロでもやってけそうです。
しかし守備に関しては、まだプロのレベルではないので、
守備力を上げてもらいたいです。

メジャーでは、日本人の野手をイチロー選手と松井秀喜選手以外
通用していないと思われてるので、花咲徳栄の野村選手と
大阪桐蔭の藤原選手と万波選手には、
その考え方を壊して欲しいですね。

イチロー選手がメジャーでデビューして、
10年以上経つのにそう思われてるのは、
日本人として、悔しいですからね。

万波選手はそれ位のポテンシャルをもっていると思うので、
打撃だけではなく守備や走塁もプロレベルになれば、
ドラフト1位も狙えそうですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
それではまた!

ピッチングのお勧め教材についてはこちらの記事で書きました!