野球ブログ管理人のMMです。今日は2018年のドラフト候補、

東海大の青島凌也投手について書いて行きます。

野球画像2

出展元:http://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2016/05/…

プロフィール

名前    : 青島凌也(あおしまりょうや)

生年月日  : 1996年8月11日

出身地   : 愛知県名古屋市

出身高校  : 東海大相模高校

身長    : 178センチ

体重    : 78キロ

投打    : 右投げ右打ち

球速    : MAX146キロ

球種    : ツーシーム、カットボール、スライダー、カーブ、チェンジアップ、シンカー

投球フォーム: スリークウォーター

少年時代

青島投手は、小学2年生から野球を始めました。
「六田ファイターズ」に所属し、

小学6年生の時には、
ドラゴンズジュニアにも選ばれる投手でした。

そして、中学時代は、軟式野球の強豪
「東山クラブ」に所属。
小学生時代から有名な投手だったので、

ボーイズかシニアかと思ったんですが、
軟式のクラブチームに所属してたんですね。
この時のチーム最高成績は、全国準優勝。

高校は、神奈川の強豪校東海大相模に入学。
理由は、「甲子園で優勝を目指せる学校だから」
高校進学前は、50校以上の学校からスカウト
されたそうです。

鳴り物入りで入学して、
1年春からベンチ入り。

エースになったのは、2年秋から、
3年夏に甲子園出場。

この時の神奈川県大会の成績は、
6試合・21回・20K・防0.00
と圧倒的な投球をみせました。

高校時代の動画↓↓↓

大学野球での実績

東海大に入学後は、
2年生から主力投手として、活躍し始め
関東地区大学野球選手権1回戦の国際武道大戦で、
大会記録の10連続奪三振に加え、
完全試合を達成。
その後も活躍し、2017年には大学日本代表候補に
選ばれる。

大学時代の動画↓↓↓

ドラフト何位か?

現時点では、上位候補なので、

この1年間怪我無く、自信の強みである
コントロールを磨き上げれれば、
ドラフト1位も狙えそうですね。

球種も多くコントロールも良いので、
キャッチャーも楽しいでしょうね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
それではまた!