野球ブログ管理人のMMです。今日は2018年のドラフト候補、
明徳義塾の市川悠太投手について書いて行きます。

野球好きな男(ドヤ顔)野球好きな男(ドヤ顔)

明徳の市川投手は現段階では、この世代のNO1投手だな!

野球好き女子(ドヤ顔)野球好き女子(ドヤ顔)

そうね。去年の秋の大会、特に神宮大会は、圧倒的だったわね。

野球好きな男(自身満々)野球好きな男(自身満々)

神宮大会は、本当に凄かった。選抜では、どれだけ成長してるか楽しみだな。

野球画像2

出展元:http://www.sanspo.com/baseball/news/20171111/hig17…

市川悠太のプロフィール

名前    : 市川悠太(いちかわゆうた)

生年月日  : 2000年

出身地   : 高知県高知市

出身中学  : 高知市立潮江中学校

身長    : 184センチ

体重    : 74キロ

投打    : 右投げ右打ち

球速    : MAX145キロ

球種    : スライダー、チェンジアップ、シュート、ツーシーム

投球フォーム: サイドスロー

中学時代

小学生の時に野球を始め、
中学時代は、潮江中学校の軟式野球部に所属。
中学時代に無名で、軟式出身で、
2年後にドラフト候補になるなんて、

どれだけ練習したのか・・・
本当に凄いと思います。

野球好きな男野球好きな男

本当に凄いよな。この世代のドラフト候補は、ほとんどが中学時代からシニアやボーイズで活躍してるし、日本代表に選ばれてる中で、市川投手は、中学軟式出身で、無名だったなんて、

野球好き女子野球好き女子

確かに市川投手は、選抜で益々成長しそうね。大舞台での経験は、大きいからね。

高校野球での実績

明徳義塾高校入学後は、1年生からベンチ入り、
1年秋から、活躍しチームの選抜出場に貢献しますが、
制球難で、選抜では登板機会なし。

制球力を良くするために2年生の時の5月から、
サイドスローに転向。その後は、
夏の県大会でも11.2回を投げて、
無失点。14奪三振と活躍しチームも優勝。

夏の甲子園でも、7回を投げ無失点。
そして、2年秋にはエースとして、
チームを引っ張り、県大会、
四国大会、神宮大会で優勝。

個人的には、神宮大会が一番凄かったですね。
3試合連続完投で、決勝は4安打完封。
神宮大会は大阪桐蔭が勝つと思ってましたが、

市川投手の圧巻のピッチングで、
明徳義塾が優勝しましたね。

気になるのが、ちょっと投げすぎかなと
思いますが、本人は体のケアもしっかりしていて、
疲れが感じてないそうです。

今年の選抜の優勝候補は、
今の所、明徳義塾ですね。

市川投手の動画↓↓↓

ドラフト何位か?

現時点では、上位指名が妥当だと思います。
この秋で、一気に評価を上げましたね。

サイドスローで、145キロを投げる高校生は、
かなり貴重な存在ですね。

選抜までにまだまだ伸びると思うので、
本当に楽しみですね。

選抜、夏の甲子園でも秋の様なピッチングを
すればチームとしても春夏連覇も狙えるので、
もし実現すれば、ドラフト1位も狙えますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた!