野球ブログ管理人のMMです。今日は2018年のドラフト候補、

日大鶴ケ丘の勝又温史投手について書いて行きます。

野球画像2

出展元:http://blog.livedoor.jp/niltukeiheikinn-yakyuu/arc…

プロフィール

名前    : 勝又温史(かつまたあつし)

生年月日  : 2000年

出身地   : 東京都

出身中学  : 中学校

身長    : 178センチ

体重    : 77キロ

投打    : 右投げ左打ち

球速    : MAX147キロ

球種    : カーブ、スライダー、フォーク、カットボール

投球フォーム: スリークウォーター

少年時代


勝又投手は、小学生時代に野球を始め、
中学時代は、「狛江ボーイズ」に所属。
中学3年生の時に投手なり、それまでは捕手でした。

高校野球での実績


日大鶴ケ丘高校入学後は、1年からベンチ入り。
1年秋以降は、投手と兼任して、一塁手、外野手として、
レギュラーになり、活躍。

2年秋以降は、主戦投手として、
チームを引っ張りましたが、
ブロック敗退となり、選抜出場は、無くなりましたが、
MAX147キロのストレートを投げる投手として、
注目される。

ドラフト何位か?

現時点では、下位指名ですね。
実績が少ないですし、投手の経験も少ないので、
現時点では、あまり評価は高くないですが、

経験が少ない分、伸びしろがあるのと、
この時期に147キロ投げれる投手は、
少ないので、課題のコントロールを

夏までに良く出来れば、
夏は、楽しみですね。
勝又投手の成長次第では、
甲子園も目指せると思うので、

頑張ってほしいです。
甲子園に出場出来れば、注目度も上がるので、
ドラフトの順位も変わりそうですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
それではまた!