野球ブログ管理人のMMです。今日は2018年のドラフト候補、

慶應義塾高校の生井惇己投手について書いて行きます。

出展元:http://www.hb-nippon.com/kanagawa/report/1744-hb-k…

生井惇己のプロフィール

名前    : 生井惇己(なまいじゅんき)

生年月日  : 2000年

出身地   : 茨城県下妻市

出身中学  : 千代川中学校

身長    : 175センチ

体重    : 68キロ

投打    : 左投げ左打ち

球速    : MAX143キロ

球種    : スライダー、カーブ、チェンジアップ

投球フォーム: スリークウォーター

中学時代

生井投手は、小学生の時に野球を始め、

中学時代は、「常総シニア」に所属。

 

シニア時代に全国大会に出場。

地元では、有名な投手でした。

中学時代の動画↓↓↓

高校野球での実績

慶應義塾高校入学後は、1年秋からベンチ入り、

2年夏の県大会から、頭角を現し、

2年秋の新チームでは、エースを任されるようになり、

 

チームの県大会準優勝、関東大会ベスト4に貢献し、

3年春の選抜では、本来の力が出せず、

1回戦で負けてしまいました。

野球好きな男野球好きな男

生井投手、選抜は悔しかっただろうな。

野球好き女子野球好き女子

そうね。一球で、試合の流れが決まったからね。

MMMM

そうだね。野球の怖さを改めて思い知った試合だったね。

沢田投手の動画↓↓↓

ドラフト何位か?

現時点では、中位か下位指名です。

夏も甲子園に出場出来れば、

上位指名やU18に出場できる可能性がありますが、

 

春の大会を見る限りかなり厳しいと思います。

しかし、激戦区神奈川で、優勝すれば、

 

当たり前ですが、優勝しなかった場合とは、

まったく評価が変わると思うので、

頑張ってもらいたいですね。

 

甲子園の優勝もそうだと思うんですが、

神奈川の県大会優勝も実力だけでは、

無理だと思います。運もないと優勝出来ません。

 

プロで活躍するには、運も重要なので、

生井投手にとって最後の夏どうなるか注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
それではまた!

バッティングのお勧め教材についてはこちらの記事で書きました!


ピッチングのお勧め教材についてはこちらの記事で書きました!