野球ブログ管理人のMMです。今日は2018年のドラフト候補、

常磐大学の谷中規彦投手について書いて行きます。

環境画像

出展元:http://yakyutaro.jp/p/?h=LNxuWISO49

谷中規彦のプロフィール

名前    : 谷中規彦(やなかのりひこ)

生年月日  : 1996年6月17日

出身地   : 茨城県桜川市

出身高校  : 下館工

身長    : 180センチ

体重    : 75キロ

投打    : 右投げ右打ち

球速    : MAX147キロ

球種    : スライダー、カーブ、カットボール、フォーク、フォックル

投球フォーム: スリークウォーター

中学・高校時代

谷中投手は、小学3年生から野球を始め、
中学時代は、大和中学野球部に所属。
この頃のストレートは、120キロ前後。

下館工高校入学後は、
1年生の時からベンチ入り。

2年秋からは、エースを任され、
3年春には、元ヤンキースの井川慶投手の
10者連続三振を記録(大会タイ記録)。

3年夏には、1回戦で、
ノーヒットノーランを達成。

高校時代から、MAX142キロを投げる投手として、
スカウトからも注目されてましたが、
常磐大学に進学。
高校時代の動画↓↓↓

大学野球での実績

常磐大学入学後は、
リリーフとして1年春からリーグ戦デビュー。
1年秋には、チームの主戦投手になり、
2年秋には、2部リーグ優勝に貢献。

大学での通算成績は、
試合数18・13勝4敗・投球回132・防御率1.02

ドラフト何位か?

現状では、中位指名です。
高校時代から評価も高いですし、
大学でも良い成績を残してるので、

中位が妥当かなと思います。
大学生は、1部リーグで活躍しないと、
なかなか知名度が上がらないので、

何とか1部に昇格し、知名度を上げれれば、
上位指名も狙えると思います。変化球も豊富で、
コントロールも良いですし、奪三振率も高いので、
良い投手なので、頑張ってもらいたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
それではまた!