野球ブログ管理人のMMです。今日は2018年のドラフト候補、

埼玉栄の米倉貫太投手について書いて行きます。

野球画像2

出展元:http://baseballmaniaa.com/yonekura-kannta-5239

プロフィール

名前    : 米倉貫太(よねくらかんた)

生年月日  : 2000年8月4日

出身地   : 福岡県うきは市

出身中学  : 浮羽中学校

身長    : 183センチ

体重    : 80キロ

投打    : 右投げ右打ち

球速    : MAX146キロ

球種    : カーブ、スライダー、フォーク、チェンジアップ

投球フォーム: オーバースロー

少年時代

米倉投手は、小学校3年生から野球を始めました。
中学時代は、「浮羽ボーイズ」に所属。
大会での最高成績は、県大会で、ベスト4。
県の選抜チームにも選ばれ、アメリカ遠征を経験。

高校野球での実績

埼玉栄高校入学後は、1年夏からベンチ入り、
1年生ながら、結果を残しました。

1年秋からは、エースを任されるようになり、
2年秋は県大会で、ベスト8。
徐々にチームの成績も良くなってきました。

埼玉栄高校の若生監督は、当時東北高校の監督で、
東北高校時代のダルビッシュ投手を
良く知ってるので、米倉投手を2年生の時の

ダルビッシュよりも良いと言ってましたが、
個人的には、それはどうかなと思いました。
実際ダルビッシュ投手は、2年生の夏の甲子園で、
準優勝してますし、甲子園にも4回出てます。

普通に考えて、ダルビッシュ投手の方が上だと思います。
何かと比較されて大変だと思いますが、
米倉投手のポテンシャルが高いのは、間違いないです。
米倉投手の動画↓↓↓

ドラフト何位か?

現時点では、中位指名が妥当だと思います。
全国的には、そこまで有名じゃないのと、
今年のドラフトでは、高校生に良い投手が
多いので、その中で上位指名されるのは厳しいと思います。

しかし、米倉投手も伸びしろがまだまだあるので、
最後の夏の大会で、甲子園に出場出来れば、
上位も狙えそうですね。

この世代は、いずれ○○世代と呼ばれるような
感じがしますね。それ位凄い選手が多いので、
今年の春の選抜と夏の甲子園が楽しみですね♪

最後まで読んでいただきありがとうございました。
それではまた!